バカウンセラー16

  • 2015.05.14 Thursday
  • 09:11

あらゆるものに枠がある。

 

例えばタレントなんかが分かりやすいと思うが、
毒舌とかデブとかある程度の人数がそろえば、
見ているほうはお腹いっぱい。もういらない。

 

男性のデブタレントなら内山君とかまいうーの石塚とか伊集院光とかが面白いデブ
と言ったところか、あと、パパイヤ鈴木とか。

 

この人たちが売れているからと言って、同じようなタレントが出てきても
売れない。よっぽど面白さに違いがないと売れない。
もう、男性面白デブキャラの枠がいっぱいだからだ。

 

カウンセラーもそう。
従来のなんかもっともらしいことを言っていては売れない。
もうその枠には何万人といるからだ。

 

正しいカウンセリングをしていれば・・・。
非の打ちどころがなようなカウンセリングをしていれば・・・。
そう思っているカウンセラーがなんと多い事か。

 

正しいカウンセリングも非の打ち所がないカウンセリングも
全て自分の思うそれらだ。

 

自分が美味しいと思うから、他人もそう思うはずだという主観。

自分がやっているカウンセリングは正しいのに、

クライアントが付かないのは、その枠がいっぱいだからだ。

 

でもそう言うカウンセラーって、自分が間違っているなんて思ってないから、
若しくは認めたくないから、クライアントのせいにしたりして。

正しいカウンセリングはちゃんとクライアントが付くカウンセリングだ。

自分から正しいなんて言っちゃダメだろ。

 

不細工が私美人だからとか、若しくは菊本はスリムですと言って、
周りが認めないからって周りのせいに出来る?

 

そういうことだ。枠という題から離れちゃったけど。

 

とにかくそう言うことだ!!

 

株式会社キキウェル代表取締役
一般社団法人日本ライトカウンセリング協会代表理事
菊本裕三

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM