キキウェル 菊本 厄介な状態

  • 2020.04.02 Thursday
  • 17:06

 

こんにちは。菊本です。

 

まー世間は厄介なことになっていて、

否応なしに巻き込まれていますが、

外出も憚れるほどの感じで、気分も沈みます。

まあ、外出してるんですけど。

 

そんなこともあって、以前お話した、タイのお付き合いのある方から、

「こちらの学校も休みで、家族で家籠りする場合のストレスのかわし方」

のようなインタビューを受けました。

 

この記事は先日バンコクでの様子。

2/15バンコクでの子育てセミナーの様子と菊本取材

 

重要なことは、そのおうちのママにストレスが偏らないこと。

これがまず柱。

そこから、・ストレスの公平な分配・学校や会社があるときと同じような

時間の過ごし方・ベランダでもいいから外気に当たる・・・。

 

いろいろと感じていることを細かくお話致しました。

 

ストレスの公平な分配を考えるときに一番邪魔な概念は「家族」もしくは「夫婦」です。

「家族だから言わなくてもわかるだろ」とか「そこはお前が家のことはやっておけよ」とか・・・。

あまりにも距離が近くて出てしまう一言が、不信感を生み出します。

 

そこは意識的に距離を取って、「一緒に暮らす人達」ぐらいの距離感が

ちょうどいい。

 

「でも家庭では素の自分が出せる場所じゃないの?」

おっしゃることはごもっとも。

 

でもね、今は普段と違う状態だから、そこは公平に我慢しましょってこと。

結婚前のまだ全てを出していない自分ぐらいの状態がいいと思います。

夫婦も所詮は他人です。「夫婦」だから「もう何十年も一緒だから」の声に

「他人」の境界線が曖昧になります。

 

もちろんその曖昧がいいのもわかりますが、ほら、今異常な事態だから、

そこはきっちり話し合って・・・。

そうすれば、この先また新鮮な気持ちで夫婦や家族が楽しめるかも!!

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

キキウェル 菊本 2020土筆

  • 2020.03.22 Sunday
  • 01:19

とゆーわけで、菊本です。

 

桜の様子を川の土手に見に行ったら、

5分咲きくらいで明日あたりは人も出るのかな

と思ったけど、例のヤツのせいであまり賑わうことはないのかな・・・。

 

なんてことをチラッと思いながら、今年もまずはこれから。

画像をうまく撮れなくてごめんなさい。

土手から取ってきた土筆です。

 

毎年同じところに行くんだけど、今年は極端に不漁。

 

いつもは10分もあれば家族分取れちゃうけど、

今年は生えているところを探して拾っていく感じで、

時間がかかりました。

 

これを天婦羅にしていただくが、私の好みは茎が太くて、

頭が呆けていないやつ。

 

少し苦くて、何とも言えない春の味。

40年近く毎年今時期はこれから始まる。

 

釣りも他の遊びも・・・。

 

皆さんも喰う・寝る・遊ぶを楽しみましょう!!

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

キキウェル 菊本 衣・食・住

  • 2020.03.16 Monday
  • 02:24

こんばんは。菊本です。

 

またずいぶん開いちゃった。

 

今日思ったこと・・・。

っていうか若い時からたまに思い出していたこと。

 

衣食住は社会的な生活を送るのに必要なものであるが、

「衣」の部分に引っ掛かっていた。

 

それより好きなのが、喰う・寝る・遊ぶという言葉。

 

「衣」の部分が入れ替わっていて、喰う寝る遊ぶは社会的というより

人が生きていくうえで精神衛生上大切なもののような気がする。

 

私自身は遊ぶを無駄と訳しているが、そこの訳し方は人それぞれでいいと思うけど、

無駄の大事さを知っている人は日常の抑うつ状態からすぐに抜けられるような

気がする・・・。気がするだけかもしれないけど・・・。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    キキウェル 菊本 馬脚を露す

    • 2020.03.07 Saturday
    • 02:17

    こんばんは。

    随分ご無沙汰しましたが、菊本です。

     

    うかうかしていたらもうすぐ桜の季節。

    まあ、好きでうかうかしてるからいいんだけど。

     

    最近思っていること。

    以前よく言われていた「ほめて育てる」というのがどうも怪しい・・・。

    以前からセミナーやカウンセリングでは言っていましたが、

    10年ほど前ぐらいから「子供はほめて育てる」というような

    事がよく言われるようになり、書店にもそのような本がたくさん並びました。

     

    あの頃は大人でも「私ほめられて伸びるタイプなんで」なんて

    最初はギャグで言ってたのに、途中からマジで言う人も現れて、

    「菊本さん、私ほめられて伸びるタイプなんですね、だからよろしくお願いします」

    なんて言われてドン引きしたことがあります。

     

    私をほめて下さいは、私の承認欲求を満たしてくださいと同じだから、

    意地悪な私は「絶対に褒めない」なんて心に誓っちゃったりするんだ。

     

    とはいえ、なんで最近言われなくなったか・・・。

     

    それは結果が出てくる頃だから。

     

    どういうことかというと、そう言い始めたころは、

    「小さい子はほめて育てときゃいいのよ」なんて言われると、

    世のママたちは「そういうものかしら・・・」と半信半疑で

    ほめて育てるに寄せ気味で育児を始める。

     

    中にはどっぷりそっち側に行ってしまって、怒らなくちゃいけない時でも

    ほめたりなんかしている始末。

     

    でもって、ほめて育てる育児書やそういうコラムが載っている

    雑誌なんかが売れた。結局は商売につながっちゃうんだな。

     

    そして現在そういう風に育てられた子供が成長して、

    特にほめて育てたつもりもない子供と大して差がないことが

    バレちゃって最近は言わなくなってきている。

     

    懐疑的なパパやママは大正解。

    特に子育てに正解なんてないんだから、

    どちらにもよらず、川の真ん中を流れるように家族で生きていくのが

    一番いいのだと思う。

     

    子育てでパパやママがその正解を探しだそうと躍起になった時、

    その時が一番ヤバイ!!

    ----------------

    株式会社kikiwell

    代表取締役 菊本裕三

    キキウェル 菊本 バンコクでの取材やセミナーを振り返って

    • 2020.02.21 Friday
    • 21:48

    こんばんは。菊本です。

     

    タイでのいろいろが終わり、すべて無事に済んだところでホッとしています。

     

    でもって、前回はすべて仕事でどこにも行けなかったので、

    今回は‶水”がある所に行ってきました。

     

    そうです!次回行ったときに釣竿を持っていこうと思っているからです!

    何となくの情報も集めたので、次回はフィッシングレポートもお届けします。

     

    話は変わって。タイ王国という異国で、不安定になりがちな自分を整えるためには、

    先ずは自分と向き合えることが重要になってくるだろうなあ、

    とは思っていました。できているのだろうかと行ってみましたが、

    何のことはない、皆さん自分とちゃんと向き合っていました。

     

    皆さんそれぞれ逞しい!

    でもそんな風にできない人もいるでしょうから、

    私たちはそのような方のお役に立てればと思います。

     

    今回、とても面白かったのは、久しぶりに「THE子供」みたいな

    男の子に会えたことかな。

    3・4・5歳と年齢のグラデーションが予想通りのその歳なりというか、

    言葉や運動能力の違いがよくわかって面白かった。

     

    マジで一緒に遊んでて面白かった。

    子供を育てるにはいい環境と言っていたママがいらっしゃいましたけど、

    本当にそうかもしれないなあと思った。

    そこでしかできないことを一生懸命やってほしいとも思いました。

     

    最後にタイでお世話になったすべの方々に感謝いたします。

    セミナーに参加してくださった方、取材のカメラマンさん

    ライターさん、コーディネーターさん、八木さん・・・。

    本当にありがとうございました!

     

    だからさぁ、これにカニのカレーでしょ・・・。

    食べすぎなんだよ。

    ほんとどこに行っても食い意地が張ってて見苦しいったらありゃしない!!

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    株式会社kikiwell

    代表取締役 菊本裕三

    キキウェル 菊本 寝ないで飛行機へ

    • 2020.02.16 Sunday
    • 00:40

    こんばんは、菊本です。

     

    シートベルトを外すや否や、すぐに寝る体制です。

     

    タイまで時間半くらいかな・・・。

     

    ゆっくり眠らせていただきます。

    -----------------

    株式会社kikiwell

    菊本裕三

    キキウェル 菊本 タイは暑いのか!?

    • 2020.02.07 Friday
    • 00:54

    てなわけで、こんばんは、菊本です。

     

    今日は東京地方は北風が強くて寒かったあ。

     

    今年一番寒かった気がする。

     

    今日野暮用でちょいと外出したら、もう、自転車で行こうとしたけど、

    あっさり車にしました。寒すぎ。

     

    来週からバンコクだけど、本当に暑いのかなあ・・・

    もしかしたら寒いんじゃないかなあ・・・。

     

    今まで日本が冬の時にはイギリスとかパリとか

    寒かったから何となくこっちの延長で行けたけど、

     

    こんだけ寒いのにバンコクは暑いのか?

    今時期は伊豆だって和歌山だって相当寒いぞ・・・。

     

    そしてコロナのこの時期。

    それ程過敏じゃないけど、少しは気にした方がいいのかな。

     

    正直あんまり手元に来ないというか、遠い所で

    コロナな感じなんだけど・・・。

     

    体調だけは整えていきたいと思います。

    -----------------

    株式会社kikiwell

    代表取締役 菊本裕三

    キキウェル 菊本 自分若しくは他人に興味を持ったきっかけ

    • 2020.02.04 Tuesday
    • 01:59

    こんばんは。菊本です。

     

    昨日の記事は重複しちゃったけど面倒だからそのまま。

    何卒ご容赦願います。

     

    つーわけで。

    私が二十歳凸凹の頃、この人の本を読んで自分のことが好きになりました。

    というか、生きているうえで何となく違和感のようなものの理由がわかった

    ような気がしました。

     

    細かいことは忘れちゃったけど、夢中で読み漁った記憶があります。

    その人は心理学者でもありエッセイストでもある岸田 秀先生。

    Amazon:https://www.google.com/search?q=%E5%B2%B8%E7%94%B0%E7%A7%80+%E6%9B%B8%E7%B1%8D&oq=%E5%B2%B8%E7%94%B0%E7%A7%80%E3%80%80%E6%9B%B8%E7%B1%8D&aqs=chrome..69i57.26960j0j8&sourceid=chrome&ie=UTF-8

     

    でも、本を読んでわかったけど、「でどうする?」と言われたら

    「どうもしない」というしかないのですが、

    論考だからその視点で見ると世の中が、今までより少し視野が広がった

    ような気がするし、何より人に少し優しくなれた気がしました。

     

     

    ここ近年は春日武彦先生のものが多かった気がする。

    Amazon:https://www.google.com/search?sxsrf=ACYBGNTmo9ivo2a51qSl8zyFyubNg0_RlQ%3A1580748522326&ei=6k44XoDCE4e7wAPcpoyICw&q=%E6%98%A5%E6%97%A5%E6%AD%A6%E5%BD%A6%E6%9B%B8%E7%B1%8D&oq=%E6%98%A5%E6%97%A5%E6%AD%A6%E5%BD%A6%E6%9B%B8%E7%B1%8D&gs_l=psy-ab.3..0i7i30.5962.10976..12159...0.0..0.289.2572.13j8j2......0....1..gws-wiz.......35i39j0i67j0j0i7i4i30.KT5Bt4F5pho&ved=0ahUKEwiA35uR67XnAhWHHXAKHVwTA7EQ4dUDCAs&uact=5

     

    この方の書籍も大好きでほぼすべて読みました。

     

    あー、一週間ぐらいパソコンも携帯もない海の近くの温泉で、

    本だけ10冊ぐらい持ち込んで、朝夕は釣り、あとの時間は

    全て読書に充てるような時間が欲しいなあ。

     

    もっとジジイになれば時間はできるかもしれないけど、

    自分の脳ミソが本についていけない気がする。

    -----------------

    株式会社kikiwell

    代表取締役 菊本裕三

    キキウェル 菊本 そもそも・・・。

    • 2020.02.03 Monday
    • 01:38

    こんばんは。菊本です。

     

    いきなりですが、皆さんはそもそもなんで自分は今の仕事に就いて、とか、

    この人と結婚してとか、生まれたところと違うところに居るとか・・・。

     

    学生時代に何となく「こうなりたい」「こんな結婚がしたい」・・・。

    という思いはあると思うが、いざなってみると、「こんなはずじゃあ無かった」

    っていうのは結構耳にします。

     

    神様の前でこの人と添い遂げるとか、入社式にはキラキラした目で出席したりとか

    したにもかかわらず。人は「あれ何でいま私はここにいるんだろう」とか

    「なんで私はこんな仕事をしているんだろ」って思ったりします。

     

    そのとき多くの人は、表向きの何らかの言い訳を用意しています。

    決して「結婚相手に飽きたから」とか「今の仕事に飽きたから」とは

    言いません。

     

    「それじゃあ今の仕事を辞めたいと思っても仕方ないよね」と

    万人が言ってくれる言い訳を用意します。

     

    カウンセリングを進める場合、先ず表向きの理由から始まります。

     

    でも途中で「私本当はね・・・」とその人の本当の理由

    (私は暗黒面と言っています)が出てきたときに、

    始めて自分がカウンセラーだと思える瞬間です。

     

    そこまではどんなに長く話しても、自分はただのジジイだと思っています。

     

    暗黒面が出て初めて、カウンセラーのジジイになります。

     

    暗黒面はその人の一生の選択をしなければいけないときとか、

    重要な所でちょいちょい顔を出してきます。

     

    でも、その選択はたとえ暗黒面の力が作用したとしても、

    その人が選択したのですから私は尊重すべきだと思うんです。

     

    人の人生に口を出せますか?

    親だから?または友達だから?

     

    じゃあ貴方はその人の人生を背負える?

     

    なんてことを今日は1時間ぐらい本を読んで考えちゃいました。

    -----------------

    株式会社kikiwell

    代表取締役 菊本裕三

     

     

     

    キキウェル 菊本 タイに向けて

    • 2020.02.02 Sunday
    • 00:26

     

    というわけで、2月14日からタイで現地在住の日本の方に向けて

    セミナーを開催いたします。

     

    初の海外開催ということもあり、ワクワクしています!

    これから原稿を精査して余計なことを言わないように

    頭の中にクッキリとイメージを作らなくちゃ。

     

    でも、毎回余計なこと言わないようにしているけど、

    絶対に言っちゃう。

    脳ミソが暴走する感じ。

     

    近くの方はぜひ来てくださいね。

     

    当日のご案内とお申し込みはこちら。

    http://nico2-labo.com/thailand-life/14994/

     

    -----------------

    株式会社kikiwell

    代表取締役 菊本裕三

     

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM