キキウェル 菊本:雑談

  • 2019.03.25 Monday
  • 00:09

今日は3か月ぶりに母親に会いに行った。

 

95歳になる母親はパーキンソンが進んで、自分では動くことができない。

かわいそうなのが、身体は動かないが、脳ミソはそこそこ動いてるところ。

 

そこに行くと必ず言われることが「お前は大丈夫なのか?ちゃんと喰えているのか?」

もうすぐ還暦を迎えようとしている私に、「喰えているのか?」と聞くのだ。

 

私の母親はどちらかというとネガティブで、心配性である。

それ自体はそれほど悪い事と思わないし、私もネガティブだから理解も出来る。

 

そこで何故私が心配されるのかを考えてみた。

 

結論としてはまず"心配したい"という欲求があって、そこに後から対象を

当てはめるのだと思う。

 

私は3人兄弟の末っ子であるが、兄はしっかりしていて、千葉に住んでいて、

悠々自適にゴルフ三昧の日々を送っている。

ゴルフが健康を阻害しているのではないかと思うほど三昧だ。

 

姉はガチガチの堅物で、「正論以外は許さない」と言う人である。

なんと言うか"遊び"が少ないお方だ。

 

でも兄弟仲はすごく良くて、兄も姉も大好きではある。

 

その兄弟の中で、一番"遊び"が多くて身が軽い私がその対象になるのは

想像に難くない。

 

でも、身体が動かなくて、脳だけが動いているのであれば、

脳のレジャーとして私の存在は重要なのかもしれない。

 

母親は今日の会話で「俺の何が心配なの」と聞いても答えられない。

私が死ぬことだとすると、私から言わせれば、「それはこっちのセリフだよ」

と言うことになる。

 

私の死が心配なら、生活保護を頂いて、つつましく生活してるのであれば、

心配はしないのだろうか・・・?

 

どちらにせよ心配なのである。

心配な理由が母親自身にもわからないのだ。

 

でも、存在自体が心配って言われたらどうしよう・・・。

生まれてすみませんとしか言えないな。

 

-------------------

株式会社 kikiwell

代表取締役 菊本裕三

キキウェルブログからのお知らせ

  • 2019.03.23 Saturday
  • 19:44

キキウェルからのお知らせ

 

キキウェルは10年を節目と考え、来年度よりneo kikiwell (ネオ キキウェル)として、

新しい時代に向けたカウンセリングを提供していこうと決めました。

 

クライエントのカウンセリング意識は進化及び変化しているのにもかかわらず、

カウンセラーが取り残されているケースが多い事などを踏まえ、

キキウェルはネオ キキウェルとして脱皮することといたしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

どういう事かというと、まあ、早い話があまりにも旧態依然のカウンセリングが

まだまだ見受けられる現在で、クライエントこそが自身の人生の主役として過ごす

日々をカウンセラーと一緒に考えていこうというもの。

 

人によっては"雑談"をするだけで、ストレスが減少させることができます。

それは"雑談する時間が持てたこと"や、"雑談の中から自分でヒントを拾える"からです。

キキウェルでは半数以上の方がすでにそうです。

 

問題を解決しようなどと不可能な事は言わずに、問題に立ち向かう自分を作り上げる、

カウンセリングと言えばわかって頂けますでしょうか。

コミュニケーションが最優先であることは今までと全く変わっていません。というか、

何一つ変わってはいないのですが、今まで私がずっと言いたかったけど、怒られそうだから

言えなかったことを、言っちゃおうという事なのです。

 

怒られそうだから言えなかった事それは「まだ他人に相談なんかしているの?自分の人生なのに?」です。相談はAIやパソコンで充分に対応できます。

 

クライエントを理解しクライエントの生命力や瞬発力や決断力・・・全ての力を信じて、そこに寄り添い、クライエントを尊重し

人でなければできない事をして行こうと思っています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、ブログの引っ越しをやっていて、2017年まで来たけど、あと4年分手作業で私が引っ越しをします。

私としてはHPをお願いしている人に「捨ててもいいよ」と言ったのですが、「もったいない」ともことで、

泣きながら引っ越しをすることにしました。新しい記事も載せていきますね。(できるだけ)

 

ただ、ここでは本当の事言うけど、マスコミとかでは堂々と「相談してね」って言うかもしれません。

だって怒られちゃうから。。。。

--------------------------------------

株式会社kikiwell

キキウェルメンタルヘルスサービス

代表取締役 菊本裕三

 

キキウェル菊本 柚子湯

  • 2017.12.14 Thursday
  • 20:21

こんばんは。菊本です。

 

ここんとこ、スタッフのテレビ収録や、自分が携わっている、
テレビの打ち合わせや調整で、なんか忙しい。

 

私は忙しいのが嫌い。というか時間に追いかけられるのが嫌い。
時間が足りないくらい追いかけるのは好き。

 

今年もあと少し。

 

そうそう、今日は冬至でもないのに柚子を頂いたので、柚子湯にしてみた。
いいもんですねー。この冬は冬至だけでなく、何回も入ってみようと思う。

 

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
株式会社キキウェル代表取締役
一般社団法人日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

キキウェルのライトカウンセリング カウンセラーのスタンス

  • 2017.11.19 Sunday
  • 19:19

 

まあ、そんな感じで、ライトカウンセリングって言うのは仮説を立てる力や、
洞察力やそれをフレキシブルに形を変えられる力も必要だ。

 

それはどんなカウンセラーも同じ。

 

カウンセラーを目指す人はなんとなく「ドクター」になりたがる人が多いような気がする。
カウンセラーのイメージがそうなのかもしれないが、勘違いしている人が多い。

私達のクライエントはそれに嫌気がさしている人が少なくない。

 

私達のカウンセリングは聞くことに重点を置いて、その技術を磨いてきた。
心理的な勉強ももちろんするが、たとえ知識量が増えたところで、
使い方がめちゃくちゃなので役に立っている人は少ない。
本当にただ知識が増えただけ。

 

そうでなければ臨床心理士がセミナーに来たりしないと思う。

 

でもってその知識を振りかざすからクライエントが逃げちゃって、
愛想を尽かされてしまう。

 

カウンセラーは白衣じゃなくてニッカボッカや地下足袋の方が似合うのだ。
------------------------------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
一般社団法人日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

 

キキウェルのライトカウンセリング 受けたお話の受け取り方

  • 2017.11.17 Friday
  • 20:47

 

 

前回は彼女と彼の物語が交差するところと書きました。
ここポイントです。

 

人はそれぞれ自分の物語に沿って生きています。
この物語ということがなんとなくでもいいから理解できないと、
ライトカウンセラーになるには苦労するかも。

 

でもって、この相談者のご相談は、言っちゃうと、
「彼の物語を自分の物語に沿わせたい」ということになります。

ここまでお読みになって理解できたら、あなたはライトカウンセラー向きです。

 

彼にも彼の物語があって、それを力技でこちらに寄せるのは不可能に近いと思いませんか?
私は不可能だと思っています。

 

しかも彼は「俺は今司法試験に向けて頑張っている!」という物語の真ん中にいます。
その彼から司法試験を奪ってしまうことは、彼に絶望を突き付けることになります。
だって、彼の生活すべてが司法試験のために向かっているのですから。

 

また、彼に司法試験を諦めさせることは、彼のプライドさえも奪ってしまいます。

私はこう考えます。

 

彼も数回試験に落ちているので、うすうす彼女とのこれからをなんとなく、
考えているはずです。その中にはもちろん司法試験を諦めることも含まれています。

 

でも、今はそれをすることができません。
今の彼にとって絶望は最悪の毒薬になると感じているからです。

 

また、司法試験を諦めることと同時に、彼女とのことも考えていると思います。
彼の最高のストーリーは「司法試験に合格して、なにがしかになって、
彼女に尊敬され、正々堂々と胸を張って彼女にプロポーズして結婚する」だと思われます。

 

ここから司法試験合格を除くと、彼の中で物語を作り直さなくてはなりません。
物語を作り直すのが大変なのはもちろんですが、今の彼の状態は、
「司法試験を諦める絶望感に耐えられるメンタルではない」ということです。

 

そんなタイミングで彼女から「司法試験諦めて」なんて言ったら、
彼は混乱して怒ったり、彼女を良き理解者と思わなくなるでしょう。

 

しかし、あくまでもこれは私の仮説です。
ライトカウンセリングではお話を聞いて、この仮説を立てることこそが、
一番大変な作業なのです。

 

ですから、私達のライトカウンセリングでは、「これこれこういうことだから、こうしてはいかが?」
とは言いません。「一緒に考えましょう」というのは、このような理由からです。

 

それから、話の中で他の女性の話が出てきたり、そのほかの見過ごせない話がでてきたら、
この仮説も書き変わります。念のため。

 

---------------------------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
一般社団法人日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

キキウェルのライトカウンセリング 第三者の主観

  • 2017.11.10 Friday
  • 16:56

 

 

というわけで、前回は第三者の主観を語ることは、クライエントを馬鹿にしているし、
馬鹿にしているという言葉が適当でないなら、クライエントもそのぐらいのことは考えてはいるのだろうなぁ。
という想像力が足りない。

 

このクライエントの相談内容のキモは、彼の物語とクライエントの物語の交差するところを考えること、
若しくは予想すること。

 

そして、交差するところが無いのであれば、それはどのようなことなのかを、
クライエントの口から出させることが重要となります。

 

外から貼り付けた作戦やアドバイスを実行する人は、極めて少ないことは、
私達の今までのカウンセリングですでにわかっています。


----------------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
一般社団法人日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

キキウェル 菊本 カウンセラーの傲慢

  • 2017.11.04 Saturday
  • 23:41

 

 

昨日は従来のカウンセリングの大向うのイメージを書いてみたが、
いまだに多数派だが、それ以外の少数派が私達のクライエントだ。

 

だから、ありきたりの安い言葉がけや、的外れなアドバイスは
クライエントにあっさりスルーされる。

 

そりゃそうだ、それが嫌だからうちに来てるのに。

それではなぜ従来のカウンセリングにしがみついているのか?

 

簡単です。市場が大きいから。

相談したい人も多いけど、相談を受けたい人も数倍いる。

 

だから、売れないカウンセラーはどんどん廃業していく。

 

うちも力のないカウンセラーや、売れないライトカウンセラーは、
やめていってしまう。しかたないことだ。

 

優しい気持ち、人を思いやる気持ちがあればいいカウンセラーに
自然となれると思っているような人もいる。

 

優しい気持ちや思いやる気持ちなんてみんな持っているのに、
自分のは特別だと思っているのだろうか・・・。

 

人より優れた優しい気持ちだと思っているのか?

 

もうすでにそこで「私はあなたたちより優しいのよ!」という傲慢が
入っちゃっていることがわからないんだな。周りを馬鹿にし過ぎだ。

 

「私優しいの!」「私なんかもっと優しいんだから!!」
「人を思いやる気持ちなら人一倍あるわ!」・・・・。

 

なんか気持ちが沈んでむーんとしてきた。
だってこんなこと言うのが、いい歳こいた大人なんですもの。

---------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

 

キキウェルのライトカウンセリング つまらないアドバイス

  • 2017.11.02 Thursday
  • 14:44

 

 

ということで、昨日の続き。

 

だからクライエントと一緒に考えるってこと。

「あなたは強いんだからそんなことでくじけちゃダメ!」とか
「やまない雨は無い」みたいな押しつけがましいのが一番だめ。

 

相手は知識や経験や知恵の無い子供じゃないんだから、恐ろしくつまらない
セリフをあげてどうするつもりなのだろう?

 

意思決定するのはクライエントで、カウンセラーの悦に入ったセリフなんか
欲しがっている人なんかいるわけがない。

 

クライエントの思いを探りそれが解ったら全力で応援、賛同、若しくは、
違う角度からの視線の提示などが有効なのだ。

 

カウンセリングは問題解決よりも、どちらかというと大嫌いな言葉ではあるが、
癒しに近い。

---------------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

キキウェルのライトカウンセリング 概念3

  • 2017.10.16 Monday
  • 04:55

 

 

昨日の続き・・・。

 

カウンセリングとは一緒に考えることだと書いた。
ただしこれは私達の考えるカウンセリングで、
カウンセリングの解釈は人それぞれ違う。

 

でも、それでいいんだと思う。
一緒に考えてほしい人もいれば、上からアドバイスをしてほしい人もいる。
カウンセラー側も同じこと。

 

要はクライエントがそれをすることにより楽になれるもの、
それがカウンセリングなんだと思います。

 

極めてパーソナルなものそれがカウンセリング。

 

話は逸れるが、今日は送別会でいろいろな話ができて楽しかった。
普段はそれほど会話をしない人とお話をするのは面白い。
はーさん、みーさんお元気で!!

---------------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

キキウェルのライトカウンセリング 概念2

  • 2017.10.11 Wednesday
  • 01:33

 

全くもって基本的なことなのですが、もう何年もやっているのに、
カウンセリングとは などと言うお題。

 

その答えは人によって違うと思うのですが、どんどん余計なものを
削ぎ落して、最終的に残ったものは「一緒に考える」ということではないかと思います。

 

この答えはかなり大雑把ではありますが、現場ですべてのカウンセリングに共通して言えることは
「一緒に考える」だけのような気がします。

 

自分の抱えている案件をいろいろな角度から見ることができるように、

一緒に考える。それに尽きる。

 

次回のブログはもっとカウンセリングを深堀して考えてみましょう。

------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM