キキウェル 菊本 厄介な状態

  • 2020.04.02 Thursday
  • 17:06

 

こんにちは。菊本です。

 

まー世間は厄介なことになっていて、

否応なしに巻き込まれていますが、

外出も憚れるほどの感じで、気分も沈みます。

まあ、外出してるんですけど。

 

そんなこともあって、以前お話した、タイのお付き合いのある方から、

「こちらの学校も休みで、家族で家籠りする場合のストレスのかわし方」

のようなインタビューを受けました。

 

この記事は先日バンコクでの様子。

2/15バンコクでの子育てセミナーの様子と菊本取材

 

重要なことは、そのおうちのママにストレスが偏らないこと。

これがまず柱。

そこから、・ストレスの公平な分配・学校や会社があるときと同じような

時間の過ごし方・ベランダでもいいから外気に当たる・・・。

 

いろいろと感じていることを細かくお話致しました。

 

ストレスの公平な分配を考えるときに一番邪魔な概念は「家族」もしくは「夫婦」です。

「家族だから言わなくてもわかるだろ」とか「そこはお前が家のことはやっておけよ」とか・・・。

あまりにも距離が近くて出てしまう一言が、不信感を生み出します。

 

そこは意識的に距離を取って、「一緒に暮らす人達」ぐらいの距離感が

ちょうどいい。

 

「でも家庭では素の自分が出せる場所じゃないの?」

おっしゃることはごもっとも。

 

でもね、今は普段と違う状態だから、そこは公平に我慢しましょってこと。

結婚前のまだ全てを出していない自分ぐらいの状態がいいと思います。

夫婦も所詮は他人です。「夫婦」だから「もう何十年も一緒だから」の声に

「他人」の境界線が曖昧になります。

 

もちろんその曖昧がいいのもわかりますが、ほら、今異常な事態だから、

そこはきっちり話し合って・・・。

そうすれば、この先また新鮮な気持ちで夫婦や家族が楽しめるかも!!

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM