キキウェル 菊本 前回の続き

  • 2020.08.19 Wednesday
  • 00:43

 

こんばんは。

菊本です。

 

かなり更新をしていなくて、ごめんなさい。

 

というわけで、前回までは、自分の不安や悩みは自分自身を形作る

ひとつのピースであり、それがなくなることはあり得ない。

ということを書きました。

 

メールなどでそれなりに反響がありまして、でも個別に返信はしませんでした。

きりがないから。

 

話を戻すためにあるDVを受けていた女性のことに触れます。

 

その女性は10年にわたってパートナーからDVを受けています。

10年間で3回ほどそのパートナーから逃げていますが、

結局またそこに戻ることを自分で選択します。

 

大多数の女性は一発でも殴られたら別れますよね。

 

そして最後にこの女性はまともにパートナーの

ストレートを食らって鼻の骨を折ってこの男性と別れました。

別れたからって「めでたし、めでたし」になると思う貴女は甘い。

 

この話は続きがあって、

その女性はそれから1年半ほどは仕事を持ち、30代後半で

子供もいなかったから、安心して暮らしていました。

 

私はこの時すでに6年ぐらいこの女性の話し相手になっていました。

そしたらなんと、この女性は自分から元のパートナーの所に戻ったのです。

自分からですよ、貴方はこの女性になんて言葉をかけますか?

 

私は「あなたがお決めになったのであれば後悔しないほうを進んでください」

としか言えませんでした。

そしてほどなくして女性は元の男性と同棲生活を始めました。

 

それからも私はこの方とセッションをしました。そんなある日、

そこで、私は「やはり人ってそうなんだなあ」と思わせる言葉が出てきました。

女性曰く「私ヒリヒリするような生活じゃないとだめなんです」

正しくは何と言ったかは忘れましたが、要はこんな感じのことを言いました。

 

他人からは不幸せとしか思えないパズルのピースでも、

この女性にとっては必要なのです。

彼女が許容できる範囲内での右ストレートは彼女にとっては

必要不可欠なのです。

それは彼女の性格なのか、気質なのか、性癖なのかはわかりませんが、

そんなことはわからなくてもいいと思います。

「そういう人もいるんだ」でいいのです。

 

あれ、あんまり前回の続きになってないということに気が付いたので、

今日はここまで。

また次回にでももっと当てはまるような内容を書きます。

 

貴方は今すべてが満たされたら次はどうしますか?何をしますか?

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM