キキウェル 菊本 カウンセラーの傲慢

  • 2017.11.04 Saturday
  • 23:41

 

 

昨日は従来のカウンセリングの大向うのイメージを書いてみたが、
いまだに多数派だが、それ以外の少数派が私達のクライエントだ。

 

だから、ありきたりの安い言葉がけや、的外れなアドバイスは
クライエントにあっさりスルーされる。

 

そりゃそうだ、それが嫌だからうちに来てるのに。

それではなぜ従来のカウンセリングにしがみついているのか?

 

簡単です。市場が大きいから。

相談したい人も多いけど、相談を受けたい人も数倍いる。

 

だから、売れないカウンセラーはどんどん廃業していく。

 

うちも力のないカウンセラーや、売れないライトカウンセラーは、
やめていってしまう。しかたないことだ。

 

優しい気持ち、人を思いやる気持ちがあればいいカウンセラーに
自然となれると思っているような人もいる。

 

優しい気持ちや思いやる気持ちなんてみんな持っているのに、
自分のは特別だと思っているのだろうか・・・。

 

人より優れた優しい気持ちだと思っているのか?

 

もうすでにそこで「私はあなたたちより優しいのよ!」という傲慢が
入っちゃっていることがわからないんだな。周りを馬鹿にし過ぎだ。

 

「私優しいの!」「私なんかもっと優しいんだから!!」
「人を思いやる気持ちなら人一倍あるわ!」・・・・。

 

なんか気持ちが沈んでむーんとしてきた。
だってこんなこと言うのが、いい歳こいた大人なんですもの。

---------------------------------------------------------------
株式会社kikiwell代表取締役
日本ライトカウンセリング協会
菊本裕三

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM