キキウェル 菊本 判断

  • 2020.09.26 Saturday
  • 18:31

 

というわけで、もう9月も終わりに近づいてきました。

風邪などお召しになってはいないでしょうか。

 

さて、先日うちとは関係のないカウンセラーさんから質問されました。

「AとBとCでどれが一番自分に合っているでしょうか」とクライエントから

問われたらしいのです。

 

「菊本さんだったらなんて答えます?」って聞かれました。

もちろん背景もいろいろ話してくれて最後にそのように聞かれたのですが、

そんなものはどうでもいいのです。

 

クライエントは何歳か性別は?特技は?偏差値は?・・・。

これらが背景=スペックとしましょう。

 

そのスペックを聞いてしまうとカウンセラーが判断しなきゃいけないこととなる。

判断しちゃいけないのではなく、人の人生を判断できる立場の人なんているのか?

 

東大の法学部を卒業した人は釣り具屋になったら「もったいない」のか?

調理師学校を出た人は調理師にならなければいけないのか?

この「もったいない」と思うのはとても貧乏くさい人だと思う。

 

私はそういう人たちのことを「カッペ」と呼んでいるが、

スペックを聞いて「カッペ」が客観的と自分で思っている

100%自分バイアスで判断する。「カッペ」の判断が欲しいのか?

 

カウンセラーは判断するのではなくクライエントがどうしたいのかを

聞いてクライエントが口にしたことを応援するのが仕事だ。

判断はカウンセラーの仕事ではない。

 

でもね・・・。厄介なことに人に判断されたい人もいるんだ。

うちにはそういう人はごくわずかだが、そういう人が集まる

カウンセリングルームもあるんだろうなあ。

占いなのかカウンセリングなのかわからないな。

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM