キキウェル 菊本 オキシトシンに気をつけろ!

  • 2020.10.16 Friday
  • 01:11

--------------------------------------------------------------------

こんばんは。菊本裕三です。

 

最近ちらほら聞く「オキシトシン」幸せホルモンなんて言われていますね。

愛情ホルモンなんて言ってた人もいました。

 

これ、子供が生まれたとかで、大事な守るべきものができると出てくるらしいのだけど、

その守るべきものにだけ効力を発揮すればいいんだけど、

大事なものを守らなければいけないから、攻撃性が高まることもわかっています。

 

で、話は変わってワンピース。

東京だと日曜日の午前9:30からやっているんだけど、見たいわけじゃあないんだけど、

日曜日はこれを見るのが一日の始まりみたいになっちゃって・・・。で、見てます。

 

それでこのアニメは「仲間」をすごく言ってくるんですが、この「仲間」って

事をつらつら考えてみたんだけど・・・。

 

悪いことではない、「仲間」なんてなんか仲がよさそうだし、

伸び伸びできそうだし・・・。

 

でもね、私はなんか少し閉鎖的なものを感じてしまう。

仲間って仲間内とか少人数なイメージなんですよね。

思想が一緒とか嗜好が一緒とか・・・。ここまでは別にいいんだけど、

この先に「排他」があるような気がして、そこが少しね。

 

ここで、先にㇷっておいたオキシトシン。

 

味方でなければ敵と言う所に行ってしまいそうで、

ちょいと気になるんですよね。

熊も子熊を連れていると狂暴になるといわれているそれな感じ。

 

必要なホルモンだけど、裏もあるということですね。

 

仲間以外はみんな敵と思って構えるのはいかがなものでしょうか。

 

そう思っちゃうのはあなた自身がちょいと弱っちゃってるかもね。

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

キキウェル 菊本 「学校なんて行かなくても大丈夫」の言葉に引っかかる

  • 2020.10.03 Saturday
  • 00:46

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

こんばんは。菊本です。

夜は裸足でいると少し寒くなってきました。

いかがお過ごしですか。

 

以前から「学校に行けなかったら行かなくてもいい。私も登校拒否だったけど、

今は全然後悔していない」ってテレビやその他で聞いたことがあると思いますが、

これに引っかかっていました。

 

まあ、私の心がひねくれている前提で読み進めていただきたいのですが、

先の言葉は「学校に行かなくても成功できる」ってことだと思うのですが、

成功の定義は置いておくとして、もっと言うと

「俺は登校拒否だったけどここまでなれた」ってことで、

テレビやラジオに出ている人だから、ベンチャーを立ち上げたとか、

起業して大金持ちになったりしている人なのは明らかです。

 

それってちょいと上からだったり自慢めいてるように聞こえてしまう。

そう捉える私がいけないのかもしれないが、同じように感じる人は

私の周りにもいるから、ひねくれているからそうとってしまうとも言えない。

 

あと、「昔はヤンチャだったけど今はご覧の通り議員で・・・。」

みたいなのもそう。このヤンチャって言葉が少し愛嬌を含んでいて

大嫌いだ。「昔は暴力団のようだったけど・・・。」にすると

少しリアルさが出てくるね。

 

とにかく今成功している人は「昔はヤンチャ」とか「学校に行かなかった」

を枕詞に付けないほうがいいと思う。でもなあ、こういうの好きな人多いからなあ。

 

どんなに偉くなってもお前にカツアゲされた奴は絶対に忘れないと思う

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

 

キキウェル 菊本 今回のコロナでわかった事

  • 2020.09.29 Tuesday
  • 00:21

こんばんは。菊本です。

 

いよいよgotoやgotoeatが始まります。

旅も食べることも好きなので、個人的には嬉しいんですが、

なんか「やったー!」と言えない雰囲気があります。

 

私のクライエントは関東地方に住んでいない方も沢山いて、

世の中がコロナで沸いていた時にその話題になったりもしました。

 

そこで気が付いたことは、「皆さんそれほどコロナを怖がっていない」

という事でした。

嗅覚がおかしなことになるとか、味覚がアレな感じになるとか、

後遺症の危険もあるのに、それほど怖く無いようでした。

 

でもって、なんていうかというと、「地域で一番初めに罹るのは嫌」とか

「コロナになったら経済的にどうしましょ」等の答えが多かった。

 

ウイルスが怖いんじゃなくて、周囲やその先の生活のことを言う人がほとんど。

私がまだ若い時のエイズが出てきたときのことを少し思い出した。

エイズのことが良く分からない頃は「えんがちょ」な感じだった。

 

これは致死率の高さとかにも関係するのかな。

ペストみたいなウイルスだったら周囲やその先じゃなくて

「今の自分」を思うのでしょうか。

 

なんてことを思ったり思わなかったりしてました。

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

キキウェル 菊本 判断

  • 2020.09.26 Saturday
  • 18:31

 

というわけで、もう9月も終わりに近づいてきました。

風邪などお召しになってはいないでしょうか。

 

さて、先日うちとは関係のないカウンセラーさんから質問されました。

「AとBとCでどれが一番自分に合っているでしょうか」とクライエントから

問われたらしいのです。

 

「菊本さんだったらなんて答えます?」って聞かれました。

もちろん背景もいろいろ話してくれて最後にそのように聞かれたのですが、

そんなものはどうでもいいのです。

 

クライエントは何歳か性別は?特技は?偏差値は?・・・。

これらが背景=スペックとしましょう。

 

そのスペックを聞いてしまうとカウンセラーが判断しなきゃいけないこととなる。

判断しちゃいけないのではなく、人の人生を判断できる立場の人なんているのか?

 

東大の法学部を卒業した人は釣り具屋になったら「もったいない」のか?

調理師学校を出た人は調理師にならなければいけないのか?

この「もったいない」と思うのはとても貧乏くさい人だと思う。

 

私はそういう人たちのことを「カッペ」と呼んでいるが、

スペックを聞いて「カッペ」が客観的と自分で思っている

100%自分バイアスで判断する。「カッペ」の判断が欲しいのか?

 

カウンセラーは判断するのではなくクライエントがどうしたいのかを

聞いてクライエントが口にしたことを応援するのが仕事だ。

判断はカウンセラーの仕事ではない。

 

でもね・・・。厄介なことに人に判断されたい人もいるんだ。

うちにはそういう人はごくわずかだが、そういう人が集まる

カウンセリングルームもあるんだろうなあ。

占いなのかカウンセリングなのかわからないな。

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

キキウェル 菊本 コロナ自粛期間を終えて

  • 2020.09.17 Thursday
  • 01:21

こんばんは。菊本です。

 

最近お話する内容はコロナ後の話が多い。

 

前と後を比べて自粛が解除になったとは言え、

生活は全然違う。

 

去年の秋ごろは「来年孫が生まれるから楽しみ」

と言っていた人は、春にお孫さんが生まれても、

地方から東京、大阪に来れないから孫に会えない。

 

抱っこしたくてもzoomでしか顔が見られない。

 

なるほど・・・。このような人も沢山いるんだろうなと思った。

 

孫が生まれたらあれもしたいこれもしたいと想像が膨らんで、

だって、コロナなんて知らない頃だから、その想像がすべて現実になると思っていた。

 

これは出産に限らず、旅行などその人が凄く楽しみにしていたことが

現実にならなくなるのだからそりゃ泣いちゃう人もいるよね。

楽しみや期待はその人にとっての燃料になる。

それさえあれば飯が何杯でも食える状態だ。(たとえが違う)

 

例えば卒業式など儀式や式典などのように「その日しかない」

事がなくなってしまうのは本当に残念。

リモートでやったりして。

 

その時に「忘れられない卒業式になる」なんて言ってるけど、

何そのすり替え?「忘れられない卒業式」なんていらない。

忘れてもいいから想像している卒業式がしたいってことなんだろうな。

 

人は自分が想像したように物事が進むと安心するし、自分の想像力にも

自信が持てる。

 

教室で泣きながらハグしあって、再開を約束して・・・。

何のことはない次の日にコンビニで会ったりするとしても

それらをやりたいのだ。

 

卒業式ができないというより、自分の予定したように物事が

進まないことが悲しいのだと思う。

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

 

キキウェル 菊本 最近思う事

  • 2020.09.14 Monday
  • 01:09

こんばんは。

菊本です。

 

先月のお盆過ぎぐらいから何となく依頼が増えてきて、

今月に入って少し忙しくしていました。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

ここの所若い人からの依頼が多くて、皆さん20歳代の方との

カウンセリングをしています。

 

おしなべて皆さん真面目でいい子。

真面目ゆえに゛硬さ“がある感じ。

 

真面目自体はすごく良いことだと思う。

物事に真摯に取り組むイメージ。

 

ただ、硬いのは少しずつ柔らかくしていかないと

これから先きついかもしれない。

 

さっきも言ったように真面目は真摯だから、

まじめに仕事して、真面目に遊んで、真面目にいいこと考えて

真面目に少し悪いことも考えて・・・。

 

これらができればすごく充実した生き方だと思う。

 

そして自分で手に負えなくなった感情は、私が一緒に笑い飛ばしたり、

一緒に落ち込んだりして昇華のお手伝いをします。

 

真摯に向き合うゆえに悩むのだから、大いに悩んでそれでもだめなら

アクセスください。もう私はジジイだけどしょっぱい説教などはしないから。

そもそも上からモノを言える人物じゃない。

 

でも一緒に考えることはできますよ!

 

今日は私が人に寄り添うということを初めて感じた曲を教えちゃう。

若い人には聞いてほしい曲です。

矢野顕子:DAVID 

youtubeで検索してください

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

 

 

キキウェル 菊本 前回の続き

  • 2020.08.19 Wednesday
  • 00:43

 

こんばんは。

菊本です。

 

かなり更新をしていなくて、ごめんなさい。

 

というわけで、前回までは、自分の不安や悩みは自分自身を形作る

ひとつのピースであり、それがなくなることはあり得ない。

ということを書きました。

 

メールなどでそれなりに反響がありまして、でも個別に返信はしませんでした。

きりがないから。

 

話を戻すためにあるDVを受けていた女性のことに触れます。

 

その女性は10年にわたってパートナーからDVを受けています。

10年間で3回ほどそのパートナーから逃げていますが、

結局またそこに戻ることを自分で選択します。

 

大多数の女性は一発でも殴られたら別れますよね。

 

そして最後にこの女性はまともにパートナーの

ストレートを食らって鼻の骨を折ってこの男性と別れました。

別れたからって「めでたし、めでたし」になると思う貴女は甘い。

 

この話は続きがあって、

その女性はそれから1年半ほどは仕事を持ち、30代後半で

子供もいなかったから、安心して暮らしていました。

 

私はこの時すでに6年ぐらいこの女性の話し相手になっていました。

そしたらなんと、この女性は自分から元のパートナーの所に戻ったのです。

自分からですよ、貴方はこの女性になんて言葉をかけますか?

 

私は「あなたがお決めになったのであれば後悔しないほうを進んでください」

としか言えませんでした。

そしてほどなくして女性は元の男性と同棲生活を始めました。

 

それからも私はこの方とセッションをしました。そんなある日、

そこで、私は「やはり人ってそうなんだなあ」と思わせる言葉が出てきました。

女性曰く「私ヒリヒリするような生活じゃないとだめなんです」

正しくは何と言ったかは忘れましたが、要はこんな感じのことを言いました。

 

他人からは不幸せとしか思えないパズルのピースでも、

この女性にとっては必要なのです。

彼女が許容できる範囲内での右ストレートは彼女にとっては

必要不可欠なのです。

それは彼女の性格なのか、気質なのか、性癖なのかはわかりませんが、

そんなことはわからなくてもいいと思います。

「そういう人もいるんだ」でいいのです。

 

あれ、あんまり前回の続きになってないということに気が付いたので、

今日はここまで。

また次回にでももっと当てはまるような内容を書きます。

 

貴方は今すべてが満たされたら次はどうしますか?何をしますか?

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

 

 

 

 

キキウェル 菊本 「一生同じ事を悩み続ける覚悟」

  • 2020.07.29 Wednesday
  • 14:22

というわけで前回の続き・・。

 

でもって「一生同じ事を悩み続ける覚悟」という言葉。

 

私はこの言葉を、【今までずっと悩んできて、それを一生懸命解決しようとしたり、

そこから抜けたいと思っていたけどそれができない。

てことは、それは悩みの対象ではなく自分自身の問題かもしれない・・・。】

 

というふうに読みました。

実際このクライエントは、探求心や好奇心や感性は目を見張るものがありました。

それらが人並み以上にあるからこそ、今まで苦しかったのかもしれませんが、

最終的にはそれらを使って克服しました。

 

自分が覚悟した瞬間悩みでなくなる・・・。

自分自身に向き合うと最終的にはここに到達するのではないでしょうか。

 

また、人は何も悩みや心配事が無くなった時、かなり思いがけないですが、

自分でまた新たに悩みや心配事のネタを探して取って来ます。

 

なぜか。

 

人によって不満や不安、心配事や悩みが少しあった方が安定するからです。

 

もちろん、それらはその人の許容を超えないというのが条件です。

許容を超えると実際の行動を起こします。直接対峙したり専門の機関に行ったり・・・。

 

人の心は簡単なジグソーパズルのようなもので、

あるピースか欠けるとそこに新たに当てはまるピースを作り出すのです。

そのピースが欠けていると自分という全体像が不完全になってしまうからです。

 

これらは私が本を読んだり、実際のカウンセリングの現場で思ったことです。

 

次回は実際私がこのように思ったカウンセリングを紹介いたします。

-----------------

株式会社kikiwell

代表取締役 菊本裕三

 

キキウェル 菊本 カウンセリングを終えると・・・。

  • 2020.07.27 Monday
  • 00:44

こんばんは。菊本です。

 

連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私はその間ずっと家に居ました。コロナだからではなく、

家のことがやりたかったから。
でもって今日のお題。
カウンセリングが終わると・・・。
私は大体15分くらい今終わったカウンセリングについて振り返ります。
先日のカウンセリングでそのクライエントとは半年に1回ぐらいの
スパンでお話をさせていただいています。(普段はあさくらとセッションしています)
その方が学生の頃からで今は30歳代。(だと思う20歳代だったらごめんなさい)
彼女の20歳代の気持ちや感情などが荒ぶっている時から今に至るまで、
カウンセリングをする中で彼女の成長を感じていました。(上から目線でごめんなさい)
その彼女から出た言葉 「一生同じ事を悩み続ける覚悟」 という言葉が出てきました。
実はこれは感想で頂いたメールなのですが、そこにこれが書かれてあり、
これをブログに書きたいのですがと彼女に了解を得たら「いいですよ」との返事。
で、今このブログを書いているんだけど、この言葉についてたくさん書きたいんだけど、
すごく長くなりそうなので、続きはまた次回(ごめんなさい)
-----------------
代表取締役 菊本裕三

キキウェル 菊本 私は貧乏くさいですが何か?

  • 2020.07.08 Wednesday
  • 00:22

 

こんばんは。菊本です。

 

やっぱり私は貧乏くさい。

何となく思っていましたが確信しました。
ある人とコーヒーメーカーの話になって、
その人のお宅にはデロンギのコーヒーメーカーだそうです。
毎日召し上がるので、美味しく入れたいのだそうです。
私も日に5杯から10杯ほど飲みますので、コーヒーメーカー
を買い替えるときにはいつもデロンギのやつも見ます。
でも「10万円超えるのはなあ」などと自分に言い訳しつつ、
安物を2年弱ぐらいの頻度で買い替えています。
比べると私は随分と雑に飲んでいるとも思いました。
ここで貧乏くさいと思ったのではありません。
その後炊飯器の話になって、その人はハイエンドのモデルの
炊飯器を使っています。お米が大好きだからだそうです。
ここからです。
しかしその人は糖質を制限しているため、
週に一度しかご飯を食べないそうなのですが、
そこで私の痛恨の一言。
「それじゃあ炊飯器がもったいないじゃん」
その人は私に言いました。
「菊本さん。私はご飯が大好きだから、最高に美味しーいご飯が食べたいの」
私の貧乏くささが爆発した瞬間でした。
相手が言っていることが100%正しい。
最高のご褒美を自分に与える際に「勿体」の有る無しじゃない。
自分にどれだけ快感を与えられるか・・・。
貧乏くさいなあ私は・・・。
-----------------
代表取締役 菊本裕三

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM